<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

12月の絵本会

日付は前後しますが、12月にもうひとつイベントを行います。
こちらは、杣喫茶店さんと一緒にやっている「絵本会」です。

いつものように絵本の読み聞かせとライアー演奏の「絵本会」
を行います。
やはり12月の、クリスマス前なので、クリスマスの雰囲気が感じ
られる内容を考えています。

参加自由です。
師走の慌ただしい時期ですが、絵本とライアーの世界を楽しみに、
気軽に足を運んでくださいね。
みんなで、お待ちしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 杣喫茶店×甘茶手帖

第4回 「12月の絵本会」
日時:2012年12月17日(月曜日)
        10時30分〜12時ころまで(予定)
場所:杣喫茶店 (呉市阿賀北9−9−9)
 〜読み聞かせとライアー演奏会〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
読み聞かせ:小林さん 松見さん
ライアー演奏:村岡さん

●参加自由です。
(本来は定休日ですので、通常のランチのご用意はあり
ませんが、軽食と焼き菓子・お飲み物などの限定MENU
を予定しています)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

a0065000_2381066.jpg
[PR]

by ebanana22 | 2012-11-28 23:09 | 絵本会 | Comments(0)

12月に、「小さな 女子の古本市」を行います!

最近の「甘茶手帖」編集部は、「小さな 女子の古本市」のために
いろんな古本を眺めている日々です。

テーマが「女子」なので、古本や絵本については、「この路線か
ねー」「いやこっち系かねー」といろいろと思いをめぐらせ、い
ろんな古本を手にしています。

そして、今回のためにリトルプレスもいくつか集めました。

●「せとうち暮らし Vol.9」(ROOTS BOOKS
●「しのそのへ Vol.3 愛知県号」(しのそのへ編集部)
●「BOOK5 Vol.4」(トマソン社
●「ふらいぱんノート」(ぱんとたまねぎ

また「豆ZINE展」のときに取り扱った冊子たち、
●「仙台文庫 別冊 月刊佐藤純子
●「やねせんおしょくじ 3
●「びわこの東のすてきなところ
●「Lucky Raccoon vol.39
●「ぞうきのきもち

なども、少部数ですが、置きます。

12月23日(日曜日)と、年末の慌ただしいおりですが、ワイワイ、
ガヤガヤとやっています。
お近くのみなさん、ぜひ、遊びにきてくださいね〜。

あ、「甘茶手帖」のバックナンバーも、もちろん持って行きます。




a0065000_19589100.jpg
[PR]

by ebanana22 | 2012-11-27 20:05 | 女子古本市 | Comments(0)

12月のイベント「小さな女子の古本市」

 11月も残り少なくなってきましたが、12月に小さなイベント
を行います。

 少し「一箱古本市」の流れをくんだイベントで、その名も、
「小さな女子の古本市」です。

 今年、呉市阿賀にオープンした「こまもの屋toro*toro」さんの
前スペースに机を並べて、一箱古本市感覚で、本屋さんを開きます。
 今回から、私たちは屋号をあらためて「甘茶書店」として、出店
します。

 そして、私たちだけではなんだかスペースが広いので、呉の「一
箱古本市」では常連の「サイノメ」さんたちにもご協力いただき、
2店で出店いたします。

 タイトルに「小さな女子の古本市」とあるのは、もちろん店主
が女性だということもあるのですが、「こまもの屋toro*toro」
にもかわいい雑貨がたくさんあるので、私たち本屋さんも「女
子」をテーマに本を集め、並べます。

 12月のお忙しい時期だと思いますが、クリスマスっぽい絵本
やリトルプレスも集めます。
 みなさん、ぜひ遊びにお越しください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『小さな 女子の古本市』

日時:2012年12月23日(日曜日)
      12:00 〜 17:00

場所:こまもの屋toro*toro  前スペース
    呉市阿賀中央5丁目8−35
         Car Stock Market 2F

    「こまもの屋toro*toro」さんへのアクセス

主催:甘茶書店とサイノメ

         tel 090-2250-8586
  mail kurebook@gmail.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

a0065000_2212558.jpg

[PR]

by ebanana22 | 2012-11-22 22:15 | 女子古本市 | Comments(0)

一箱古本市とたのしい切り紙展

 11月は「一箱古本市」の多い季節で、9月末の松山のあと、11月3日
には福岡で開催されている「ブックオカ」の「一箱古本市」をのぞきに
行ってきました。

「ブックオカ」は、10月中旬あたりから、ほかにも本関連の展示やトー
クもある、福岡市の出版社、書店、編集者、ライターが関わっている大
きなブックイベントです。
 その一連で行われる「一箱古本市」は、けやき通りという大きな通り
の北側、南側に100箱もの一箱が出ます。
 前々からどんな感じで行っているんだろう、行ってみたいな、と思っ
ていましたが、今年初めて行くことができました。
 福岡らしく「ロック」な雰囲気や子ども記者の箱もありつつの楽しい
「一箱」でした。

 もちろん、けやき通りのブックスキューブリックにも行きました。
 店内はそんなに広くないけれど、リトルプレスもちゃんと置いてある、
ステキな書店です。

 この日、福岡に行ったのには、もうひとつ目的がありました。

 けやき通りからそう遠くない薬院というところにある、雑貨&カフェ、
スリービーポーターズで開催されている「たのしい切り紙展」を見る
ためです。
 京都のモーネ工房を主宰されている井上由季子さんの「切り紙展」な
のですが、夏頃に「老いのくらしを変えるたのしい切り紙」(著者/
井上由季子/筑摩書房刊)を読んでいらい、展示も見てみたいな、と
ずっと思っていました。
 そして、この日程が「ブックオカ」の「一箱」と重なっていたので、
これは行くしかない!と。

 広い展示場の壁一面の富士山、深海魚、くつしたはとてもキュートで、
チマチマとつくる「切り紙」の楽しさが十二分に伝わってきました。

 そしてまた「一箱古本市」です。
 福岡に行った1週間後、私たちが実行委員会でもある、くれブックス
トリート
の「一箱古本市」を11月10日(土曜日)に無事、開催し、
終了しました。

 今回は中通2丁目付近の屋根のある通りが会場でした。
 ちょうどれんがどおりでも「うまいもの市」というイベントをやって
いたので、いい感じでれんがどおりからも人が流れてきてくれたので
は、と思っています。

 そして、また約1週間後。
呉の「一箱古本市」では出店していない私たちですが、次の日曜日、
11月18日(日曜日)の「ブックスひろしま」主催の「一箱古本市」
にはマツボックリ姉妹社として、箱を出します。

 そうやって、なんだか「一箱古本市」ばかりに関わって、11月は終わ
りそうです。

 呉の「一箱古本市」のときには、A3一枚の2丁目付近の商店を紹介す
る「ガイドマップ」をつくらせていただきました。
 広島の「一箱」にも少し持っていくつもりです。
 みなさん、どうぞよろしくお願いいたします。


a0065000_015799.jpg



a0065000_23483797.jpg


a0065000_23493261.jpg

a0065000_23491513.jpg



a0065000_23515524.jpg
[PR]

by ebanana22 | 2012-11-15 00:06 | Comments(0)