<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お知らせ 


お知らせいたします。

私たちも「一箱古本市」で販売させていただいた、
ぱんとたまねぎ Vol.4 「うわさのパン」。

現在、呉市内では「杣喫茶店」で購入できます。

どうぞよろしくお願いいたします。




a0065000_19393256.jpg
[PR]

by ebanana22 | 2011-11-18 19:40 | お知らせ | Comments(0)

甘茶手帖 Vol.12


「甘茶手帖」Vol.12 がやっと完成しました。
今回のタイトルは「島のカフェと山のなかの絵本専門店」。
秋の天気のいい日に、島のカフェや山のなかの絵本屋さんに行って
きました。
あとは夏のイベント、「紙フェス」の報告ページを掲載しています。

発行は、11月15日です。少しずつ設置していきます。

当初は、10月20日前後に発行する予定でしたが、大変遅れてしまい
ました。取材にご協力いただいた方々はじめ、みなさん、申し訳あり
ませんでした。

それでは、どうぞよろしくお願いいたします。




a0065000_20111057.jpg
[PR]

by ebanana22 | 2011-11-12 20:04 | 甘茶手帖 | Comments(2)

ブックスひろしま2011、「一箱古本市」

先週も週末は雨がチラホラしていましたが、11月6日(日曜日)は、
ブックスひろしま」の一箱古本市に参加してきました。
今回はいつものウラ袋から、横川駅前のフレスタまで続く屋根のあ
る商業エリア、カジル横川。

ということで、出店数は20箱だったみたいですが、入り口、中、フ
レスタ入り口近くと3ブースに別れ、何度も出店されている方、マニ
アックな本ばかりの方、アート系中心の方、初めて参加される方など、
多種多様でした。

昨年、私たちは前日に参加できなくなったので、今回は久々の、新鮮
な感じでのぞみました。
私たち「マツボックリ姉妹社」の両隣は、東京から参加されていた
駄々猫舎」さん+水玉さんチームと、豆本作家nanakikaeさんが店
主の「花霞堂」。

駄々猫さんは、先週の「放浪書房」さんの姉貴分ということで、放浪
書房さんからお話はうかがっていたし、nanakikaeさんとも面識があ
り、「紙フェス」にも参加していただいたので、みなさんと和気藹々
と過ごすことができました。

「ブックスひろしま」では、前日にトークイベントがあり、大ヒット
した「広島学」を生みだした新潮文庫編集長・江木さんや「謎解きは
ディナーのあとで」が大ヒット中のミステリー作家・東川篤哉さんが
ゲストだったみたいですが、お二人も会場にいらして、みなさんの
「一箱」をのぞかれていました。

「ブックスひろしま」も今年で3回め。実行委員会の方々が、「一箱
古本市」や「トークイベント」を着々と続けていることで、「本」の
輪が確実に広がっているな、と実感しました。

私たちも地味に「本に関すること」を楽しくやっていきたいな、と、
「ブックスひろしま」が終わったいま、あらためて思っています。

<写真/私たちの箱と店名をフェルトで作られて、暮らしの本や絵本など
を並べられていた「西原書店」さん>



a0065000_1157193.jpg




a0065000_11574543.jpg
[PR]

by ebanana22 | 2011-11-12 12:00 | Comments(0)

近況報告です!

日付も変わり、11月となりました。

おととい予定していた第2回の「一箱古本市」は一日中、雨だった
ため中止となってしまいました。

ということで、私たちとしては「甘茶手帖」を置く機会がなく、残
念でした。

雨天中止でしたが、千葉からの特別ゲスト「放浪書房さん」にはも
う来ていただいていたので、急きょ、2日間昴珈琲さんの前でお店
をオープンさせていただきました。突然のお願いごとにも快くOKを
いただき、それどころが社長さんも放浪癖があるから、と、会うなり
店主とみーさんと意気投合されていました。

旅をしながら、旅の本を売る「放浪書房」店主とみーさんセレクト
の「旅本」。自転車旅、世界一周旅、バイク旅…知らないような本
がゴロゴロありました。

そのなかに、本を包んで、そこに書かれている一文でどんな本か想
像して購入する、「福袋」ならぬ「旅袋」がありました。
今回のために15冊用意してくださったみたいですが、2日間で完
売されたみたいです。

ちなみに私は「徒歩以上、自転車以下の旅。」という一文に包まれて
いた本を購入。なかには、「耕うん機オンザロード」/斉藤政喜(小
学館刊)が入っていました。そうか! 耕うん機か…!?と、みんな
で納得しました。

あと、“市営施設探訪マガジン<市の園へ>”「しのそのへ」と、
「紙は、けなげに生きている。」の帯文に魅かれて、「かみさま」
大平一枝/著 小林キュウ/写真 (ポプラ社)を購入しました。

私たちが店主となって「一箱」の本を売ることはできませんでした
が、放浪書房さんのそばでみんなでワイワイいいながら、本とふれ
あう、楽しい時間を過ごせました。

うって変わって晴天の今日も、昨日も、「一箱」参加者店主さんに
足を運んでいただき、放浪書房さんに来ていただいたからこそ、み
なさんとお会いすることもできました。

今回はちょっと残念な結果でしたが、また違ったカタチで「本」に
ふれあえる楽しいひとときを過ごすことができました。

ということで、11月6日(日)には、「ブックスひろしま」に出店
します。


a0065000_0575161.jpga0065000_0572945.jpga0065000_057145.jpg
[PR]

by ebanana22 | 2011-11-01 01:00 | Comments(2)