<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「甘茶手帖」最新号 設置場所

夏にバタバタと取材しておりました、「甘茶手帖」今号は、
9月中旬には完成していたのですが、シルバーウィークと
いう連休にはさまれ、いつもの場所への設置が……、少々
……、遅れておりますが……(誠に申しわけありません)。
今週末には、すべてお届けできる予定です。
よろしくお願いいたします。

追記:本日(10月1日)、お届けいたしました。
すべて設置していただきました。よろしくお願いいたしま
す。


<設置場所>
くれ市民恊働センター(呉市広市民センター 4F)
呉市すこやか子育て支援センター (レクレビル 4F)
片山コミュニティひろば (旧片山小学校、呉こどもNPOセンターYYY)
●and more…



今号の特集では、「2人一緒に、または違う分野を持ちながら
コラボしている、3組のご夫婦」の活動を取材しました。

●ご主人のクルマ屋さんで、手作り作品のこまもの屋さんをや
られている、金曜だけの「こまもの屋 toro*toro」さん

●ご夫婦、そろって陶芸家の「陶器制作工房 岩屋工房」さん

●ご主人が焙煎、奥さんが店主の「自家焙煎豆専門店 深やき
珈琲そにろき
」さん

記事にした以外にも、みなさん、精力的に活動されています。
ぜひ、それぞれのお店(工房?)に足を運んでくださいませ。

a0065000_1957453.jpg

[PR]

by ebanana22 | 2009-09-30 20:03 | 甘茶設置場所 | Comments(0)

甘茶手帖 Vol.7 完成! 『告知』

しばらくぶりでしたが、「甘茶手帖」Vol.7、
やっと完成しました。

本当はもう少し早くに完成させる予定でしたが…、
ずれこんでしまいました。

「甘茶手帖」Vol.7
表紙は、秋と言えば、お祭り!
ということで、亀山神社から撮った灰ケ峰です。
呉を象徴する2つのスポットをおさえてみました。

特集は、
「『好き』を忘れない、私たちのライフスタイル」と
題して、「2人一緒に、または違う得意分野を持ちな
がらコラボしている、3組のご夫婦」を取材させてい
ただきました。

呉で生活されている、個性的なライフスタイルがみな
さんの参考になれば、と思います。

といっても、今週末からシルバーウィークに突入です。
いつもの場所に並べられるのは、連休あけになるか、
と思います。

みなさん、よろしくお願い申しあげます。

<目次>
●「クルマ屋さんの中にある、雑貨屋さん」   こまもの屋「toro*toro」
●「自由に陶芸を操る」            陶器制作工房 岩屋工房
●「自然に囲まれた、こだわりの珈琲豆屋さん」 深やき珈琲 そにろき
●イラストルポ 「絵本の時間」に行ってきたよ!

a0065000_21374963.jpg

[PR]

by ebanana22 | 2009-09-17 21:43 | Comments(2)

11月は、「お好み本ひろしま2009」

前回、「お好み本ひろしま2009」の概要をずらっ〜と載せましたが、
イベントの中心にあるのは、それぞれが段ボール一箱分の古本を持ち寄っ
て販売する「一箱古本市」と多くの作家、編集者など著名人の方のトーク
ショーです。

a0065000_2123270.jpg




「一箱古本市」には、私たちも、前哨戦として5月にまちづくり市民
交流プラザで行われたときに参加したので、そのときの様子をまたチ
ラっとご紹介します。

まず、「『一箱古本市』とは何なの?」と疑問に思っている方々のた
めに、「一箱古本市」について説明します。

東京の下町、谷中、根津、千駄木の中心にまたがる、「不忍(しのばず)
通り」あたりには、個性的な新刊書店や古書店、図書館があり、喫茶店
やカフェ、散歩の途中に立ち寄りたい雑貨店やギャラリーがたくさんあ
ります。いわば「本と散歩が似合う街」。この通りや街にたくさんの本
好き、散歩好きの人に訪れてほしいと思い、ライター・編集者の南陀楼
綾繁さんが発起人となり、2005年春に開催されたのが最初です。

そして、今ではその形態を受けつぎ、福岡、名古屋、仙台など各地方で
も開催されています。

要は、地域のさまざまなお店の軒先を借りて、それぞれの「大家さん」
の前で、「店主さん」が段ボールひとつ分の古本を販売することです。
どんな本をいくらで売るかは店主の自由。屋号をつけて、売り方を工夫
して、街中で、本好きの方を相手に本屋さんごっこが楽しめ、通りも本
好きで盛りあがるという、楽しいお祭りです。

5月には、中区袋町のまちづくり市民交流プラザの渡り廊下を舞台に開
催されました。
ここは室内なので、それぞれが持ち寄った段ボール1箱(段ボールでは
なく、スーツケースで本を運び、そのまま箱として使っている人もいた)
をイスや廊下横の棚に置いて、お店づくりをしていました。


a0065000_15443236.jpg




a0065000_15445398.jpg


















a0065000_1545846.jpg



私たちは単行本、文庫本、雑誌、それぞれに「オール300円」とか
「オール500円」など手抜きの値つけをしていたのですが、他の店
主のみなさんは、お客さんに、「これいくらですか?」と聞かれたと
きに、即座に反応できるように、手作りのスリップを挟んでいました。
最後、終わったときに、「どんな本が、何冊売れたか」という集計もで
きるので、スリップは大切です。

「本」の強みでしょうか、幼い子どもと連れたお母さんから、若い学生、
おじちゃん、おばあちゃんまで、足をとめてくれる客層は幅広いです。

11月には裏袋を舞台に繰り広げられる「一箱古本市」の魅力は、「本」
を通して、人とコミュニケーションできることだと思います。
いろんな店主の棚をのぞいて歩くのも面白いけど、どうせなら、せっか
くの広島で初の大規模な「本イベント」、参加して、とことん楽しんむ
ことをおすすめします。

南陀楼綾繁さんや書評、古本ライター岡崎武志さんも店主として活躍さ
れるみたいです。






……と、「お好み本ひろしま2009」の宣伝ばかりしているみたいで
すが、ちゃんと(?)次号、制作しています。
関係者各位の方々、すみません。もうしばらくお待ちください。よろし
くお願いいたします。
[PR]

by ebanana22 | 2009-09-05 15:34 | イベント | Comments(0)

ひろしまぶっくでいず

夏休みも終わり、早いものでもう9月。
「甘茶手帖」の次号制作に全力投球の編集部です。

先日も書きましたが、11月7日(土曜日)、8日(日曜日)
に開催される「お好み本ひろしま2009」では、
「一箱古本市」以外に、多くのトークショーも決まったみたい
です。それに加え、図書館、新刊書店、古書店などでもブック
イベントがあるみたいで、11月初めは<ひろしまぶっくでいず>
として、広島の街は盛り上がるみたいですよ〜。

もちろん、私たちも参加します。
本好きな方には楽しいイベントだと思います。
参加されてみてはいかがですか〜。

以下、公式ホームページからの詳細を転載します。

《ひろしまぶっくでいず参加企画》
『お好み本ひろしま2009 イベントのお知らせ』

 本が大好きな方も、今まであまり本に接していない方も、新しい本の
楽しみ方を見つけてみませんか?  一箱古本市や様々な形で本と接し
ている方々のトークショーなどを、秋の読書週間に合わせて開催致します。

開催日時:2009年11月7日(土)・8日(日) 二日間
     AM10〜PM4時
開催場所:広島市内中区袋町周辺、JR広島駅前周辺
主催:お好み本ひろしま2009実行委員会
    〒736−0071
     広島県安芸郡海田町東海田1031
     TEL082−822−4816
     FAX082−286−2690
協賛:宮島の老舗 やまだ屋
後援:ブッククロッシング・ジャパン本部

■ 各イベントご案内
◎ 前夜祭:岡山県倉敷市「蟲文庫」田中美穂さんトーク
      司会進行・南陀楼綾繁さん
      古書店店主・コケ観察人の田中さんと、一箱古本市開発者南陀楼
      さんとのお話しを広島で開催できる喜びと不思議さに酔いしれる      
      夜です。
      トーク終了後はそのまま懇親会へ。(費用は各自負担です)
      日時:11月6日(金) 19時〜20時30分
      場所:カフェパコ(広島市中区大手町3−8−3 2F)
         大手町の中央郵便局の正面です。
      参加費用:おひとり 1000円
      ただいま、参加お申し込み中です。

◎ 一箱古本市:ご存じ「一箱古本市」を開催します。
日時:11月7日(土)・8日(日) 2日間開催
         両日ともに10時〜16時
      場所:広島市中区袋町周辺
      共催:袋町裏通り活性化委員会(大家さん)
      出店費用:一日1000円
      ただいま、出店者募集中です。

★ 11月7日(土)開催4イベント すべてのイベントへ参加可能です。★
岡崎武志×南陀楼綾繁トークライブ
日時:11月7日(土) 12時30分〜13時30分
場所:広島市袋町周辺(未定・一箱古本市会場近く予定)
      参加費用:おひとり 1000円
      ただいま、参加お申し込み中です。

北尾トロトークショー
日時:11月7日(土) 14時〜15時30分
場所:カフェパコ(広島市中区大手町3−8−3 2F)
         大手町の中央郵便局の正面です。
      参加費用:おひとり 1000円
      ただいま、参加お申し込み中です。

「路面電車貸切イベントPART1」やまだ屋トレイン発車!
  広島名物路面電車を貸し切って、ライブ&トークを行います。
日時:11月7日(土) 16時〜17時30分
場所:JR広島駅前—江波駅間往復
出演:玉城ちはる(広島出身シンガーソングライター)
   ゴトウイズミ+アコーディオン(広島在住ミュージシャン・ヲルガン座勤務)
   野口美紀(広島在住・オカリナ奏者)
参加費用・おひとり 2000円【お土産付き】
   ただいま、お申し込み受付中!

湊かなえトークショー
日時:11月7日(土) 18時〜19時
場所:JR広島駅前 未定
      参加費用:おひとり 1000円
      ただいま、参加お申し込み中です。

★ 11月8日(日) 開催2イベント・両方のイベントへ参加可能です。★
「路面電車貸切イベントPART2」
  広島名物路面電車を貸し切って、創作落語&トークを行います。
日時:11月8日(日) 11時〜12時30分
場所:JR広島駅前—江波駅間往復
出演:岡崎武志(ライター、書評家)
   南陀楼綾繁(ライター・編集者)
   平々亭青馬(へいへいていぶるま)広島在住
参加費用:おひとり 2,500円【お弁当付き】
   ただいま、お申し込み受付中!

松浦弥太郎トークショー
日時:11月8日(日) 14時〜15時30分
場所:カフェパコ(広島市中区大手町3−8−3 2F)
         大手町の中央郵便局の正面です。
      参加費用:おひとり 1000円
      ただいま、参加お申し込み中です。

 以上「お好み本ひろしま2009」は
     “ひろしまぶっくでいず”参加企画です。

“ひろしまぶっくでいず”への、その他の参加企画
  ★ ひろしまぶっくでいず★とは?
     2009年10月下旬〜11月上旬にかけて行われる
     広島発信の「総合ブックフェスティバル」。
        参加企画、2009年9月現在は下記の通り。
     ・乙女のための読書案内  リブロ広島店

きんさい!安芸の古本まつり(11月5日〜9日)
・ 広島古書組合有志

     ・本のリサイクルフェア(11月3日) 広島市立中央図書館
     ・本の交換日(11月8日) 広島市立中央図書館

    以上のように、新刊書店、古書店、図書館、そして、一般有志
    というまさしく「広島総合ブックフェスティバル」になります。

  
<お好み本ひろしま2009公式HP>
[PR]

by ebanana22 | 2009-09-02 22:42 | Comments(0)