<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

次号は9月初旬…

お久しぶりです。
…が、雨に降られながら、蚊にかまれながらも、少しずつ、
次号「甘茶手帖」準備しています。

次号は9月初旬の予定です。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
[PR]

by ebanana22 | 2009-07-24 13:30 | 甘茶手帖 | Comments(0)

「本が好き!」その後

「本が好き!」の、5月の「一箱古本市」のことが書かれた
記事を目にした、昔、一緒にお仕事をさせていただいたこと
のある作家さんから、
「もしかして、あの◯◯さん(私の名前)ですか?」
とメールをいただきました。

とても、驚くと当時に、うれしくてすぐ返信をしました。
そうするとまたすぐ返信がきて、当時の私のことで一番
覚えているのは、
「もう〜、すっごく福山雅治さんってカッコいいんですよ」
と力説していたこと、らしいです。

ええっ〜、そんなことを力説していたんだ、わたし。
びっくりです。
まあ、福山さんはカッコいいですけど…。

何をそんなに感動していたのでしょうか、私は全然、記
憶していなくて。人、それぞれ記憶していることが違うこ
とを、またまた実感しました。

でも、こうやって遠く離れている、懐かしい人と再会でき
ることが、メールのいい点ですね。
[PR]

by ebanana22 | 2009-07-15 13:26 | Comments(0)

「本が好き!」AUGUST 2009

「本町通り(ブックストリート)を歩こう」が読みたくて、
春には、いろんな本屋さんを探しまわった、光文社のPR誌、
「本が好き!」。
本日7月10日発行の8月号には、5月にあった、広島の
「空中一箱古本市」のことが書かれています。

ということで、「マツボックリ姉妹社」で参加した、「甘茶
手帖」のことにもふれていただいています。

でも、不思議です。春には、ここに自分たちのことが書かれ
るなんて、思ってもいませんでした。

今号の表紙が好きです。



a0065000_084880.jpg
[PR]

by ebanana22 | 2009-07-11 00:08 | Comments(0)

連載、「緑地帯」

一昨日から始まっている、中国新聞内の「緑地帯」は、Vol.2で取材
させていただいた、「やまねこ母さん」こと吉田路子さんが書かれて
います。

切り絵作家、賢治童話の朗読家という肩書きのとおり、宮沢賢治さん
と吉田さんの故郷、岩手県花巻市の風景が思い浮かぶような連載で、
毎朝楽しみにしています。

そんなに宮沢賢治の作品に詳しいわけじゃないけど、一度夏のイベント
で、小岩井農場に行ったとき、花巻まで足を運び、宮沢賢治記念館に行
ったことがあります。
記念館もうっそうとした大自然のなかにあり、
「ああ、こういう山や森のことを宮沢賢治は書いていたんだ」と実感し
たものです。

まだまだ連載は8回まで。これからも連載、楽しみにしています。
[PR]

by ebanana22 | 2009-07-10 20:12 | Comments(0)

メールマガジンに初登場!

5月の「一箱古本市」のとき、お会いした南陀楼綾繁さんに後日、
最新号とバックナンバーをお送りしたことが縁で、南陀楼さんが
編集されているメールマガジン「書評のメルマガ」に原稿を書か
せていただきました。

「書評のメルマガ」はタイトルどおり、本に関することなら何でも
扱うメルマガで。そのなかのリレー企画として、最近、南陀楼さん
が知りあったフリペ発行者の方に、
「なぜ、フリーペーパーなのか?」をお題に原稿を依頼されている
みたいです。
その第一回目の原稿を書かせていただきました。

発行は7月10〜13日の間です。

こうしてまた広がっていく感じが心地いいです。
[PR]

by ebanana22 | 2009-07-03 15:17 | Comments(0)