<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

完成は、もうすぐ。春も、もうすぐ!?

ここ最近はあの冊子がステキ、この冊子にも心奪われて……
なんてばかり言ってましたが、やっと第5号の原稿書きが終
わりました〜〜!!

あとは確認、校正もろもろをすませ、3月9日(月曜日)に
は発行の予定です。

ふうう〜。やっぱり、できあがるとうれしいんですよね〜。
今回はちょっとレトロな趣きです。
「サークル、サークル、サークル」。呉市内で活動している
3つのサークルを特集しています。
『目次』
+呉映画サークル
+劇団おべんと箱
+呉ママアンサンブルpipopa
+連載 ぐるぐる循環線

ふうう〜。
これで今夜は「僕らの音楽」(チャットモンチー×蒼井優)
を見て、明日は「少年メリケンサック」を見に行けるぅかな
……(笑)。

a0065000_21491425.jpg
[PR]

by ebanana22 | 2009-02-27 21:46 | 甘茶手帖 | Comments(4)

「甘茶手帖」VOL.5 絶賛制作中!

「甘茶手帖」第5号、絶賛!制作中です。作っています。
ガシガシ作っています。

そんななか、先日13日の金曜日から2泊3日で私用で東
京に行ってきました。

そこで、ひどい風邪をもらって帰ってきたのですが、本当
のおみやげは、ブックファースト新宿で購入してきた小冊
子たちです。

ブックファーストには地方・小出版流通センター取扱品で
ある、地方発の冊子コーナーがあって、そのなかから気に
なったものを3冊、購入してきました。

まず、1冊目は長野県伊那市高遠発の「きっと」。これで
創刊号です。少し大きい版ですが、その分写真がとても映
える、読みやすい、1冊です。

2冊目が、房総の暮らしを巡る旅「旅のかばん」。房総の
日常風景をつめ込んだ「旅のかばん」はデザインがしっか
りしています。紙が固めなのかな。”BOSOの人々”とBO
SOと表記するところがカッコよく、全体からそんなセンス
を感じた1冊です。

3冊目の「いろは」は杉並区上荻にある古本屋「海月書林」
の方たちが発行している、A5サイズ、44ページもある冊
子です。私が購入した、第5号の発行は2007年3月のもの
で、内容はやはり、封筒とか絵本とか装幀、本に関すること
をとりあげています。

やはり、小冊子っていいですね。


a0065000_21501990.jpg

a0065000_21511291.jpg

a0065000_2253091.jpg
[PR]

by ebanana22 | 2009-02-23 21:51 | Comments(0)

仙台発 「ふきながし」

暖かくなったり、寒くなったり、やはりまだまだ2月
ですね。
今はガシガシと次号「甘茶手帖」を制作中です。

そんなちょっとバタバタしている今日この頃の私を癒
やしてくれたのは、仙台から送られてきた小冊子「ふ
きながし」です。

「ふきながし」は仙台でstockというgallery&atelierを
やられている吉岡さんら3名のユニットで制作されている
冊子です。
全28頁、全カラーで、きれいにレイアウトされていて、
自宅のプリンターで、自分たちでホッチキスどめしてい
るなんて全然思えないくらい、ちゃんとしています。

いいですね。この完璧な手づくり感、ステキです。
現在、05号を制作中されているらしく、近々また新作
を拝見できるみたいで、とってもうれしいです。



a0065000_1515465.jpga0065000_15161223.jpg
[PR]

by ebanana22 | 2009-02-09 15:17 | 冊子 | Comments(0)

2月だというのに…

むむ、天気がいいですね。2月だというのに、暖かい。

といことで、今日は朝から仕事の打ち合せででかけ、
先ほども久々にlittlewomenさんに行ってきました。
外に出て、ウロウロしていても気持ちいいですよ。

そのウロウロの合間に先日のユニコーンの予約チケッ
トの、「当選」「落選」を確認をするためにロッピー
へ。

いや〜!当たっていました。
ということで、4月にグリーンアリーナの快適シート
でユニコーンを見ます。


a0065000_1583126.jpg
[PR]

by ebanana22 | 2009-02-06 15:08 | Comments(0)

これからも、このままで

先日の、呉こどもNPOセンターYYYさんでの講座。
自覚はなかったのですが、私、とてもエネルギー
を使っていたみたいで、次の日にはぼわ〜んとし
た疲労感がありました。

で、今時間が経って振り返ってみると……用意して
いた原稿は何の意味もなさなかったのですが、原稿
を練ったことで、ひとつわかったことがあります。

私はずっと「編集作業」を続けてきました。誰に言わ
れたわけではありませんが、これをまっとうしていま
す。興味はつきません。あきもしません。

だから、これからも、「編集作業」をまっとうするの
だ、と思います。
そして、そのまっとうが、いつのまにか、気がつけば
社会貢献になっていた…という、
そういう形でしか、私は社会と係わっていけないのだ、
と思います。いくつになっても…。

だいたい、いつも、あまり考えず行動しているのです
が、あの講座からは行動の意味を強く認識させられま
した。
[PR]

by ebanana22 | 2009-02-01 00:11 | Comments(0)