<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お店、紹介

前々から、近所にお店ができた、という噂は耳にして
いたのですが…。近所でも、いつも使う道と反対側な
ので、なかなか行く機会がなく。
そんなおり、
littlewomen
さんのブログで店内の雰囲気
を知ったのが、杣(そま)喫茶店。12席の落ち着ける
喫茶店に今日、やっと行ってきました。

マフィンセット(マフィン2つに珈琲、500円)をいた
だき、佐々木美穂さんのポストカードをいただき、
「Arneを販売してくださいよ〜」と初対面にもかかわら
ずリクエストし、活版印刷の名刺について話し、とっと
と帰ってきました。

呉市阿賀のお店です。
杣喫茶店
呉市阿賀北9−9−9
OPEN 火木金土(祝日の場合は休)10:00〜15:30
[PR]

by ebanana22 | 2008-09-26 15:59 | 呉のこと | Comments(3)

最近のこと

「甘茶手帖」、次回は10月初旬の発行を目指して、制作し
ています。

ということで、「甘茶手帖」は基本、ひとりで、自費制作
しているわけで…。
では、「日々のあなたの仕事は?」と問われることもたま
にはあり。日々のわたしの仕事は記者・編集者です。

そこで、本当だぞ、という証明として、今日は夏に取材し、
最近、文庫という形になった、テレビ新広島の「満点ママ」
の2000回を記念して作られた、「まんてん文庫」のときの
取材裏話などを少々したいと思います。

私が取材したのは呉市内の5店舗。
「まんてん文庫」は01〜05まであって、番組内のコーナーを
うまく5冊の文庫にしています。
そのなかの01のグルメと04のスイーツで取材をさせていただ
きました。

グルメのほうは、呉市広本町にあるとうてつ庵。
この取材をした午前中に、「満点ママ」のなかでも紹介されて
いて。番組を見て伺ったので、取材はやりやすかったです。
田舎生粉そば、エビ天丼の取材で、カメラマンさんが写真を撮
らなければいけないので、グルメ取材のときは必ず、作っても
らうわけですが…。そうなると撮影が終わった料理は自然な流
れでごちそうになるわけで。
この日もいただきました。
でも、そんなときは本当に申し訳ないなぁ、と思ってしまいます。

スイーツのほうは、4軒。
老舗の巴屋さん、天明堂さん。焼山のパティスリーさくら亭さ
んのこめこロール。川尻の手作り焼き立てパン工房馬場工房さ
んの揚げあんパン。

巴屋はもちろん、アイスもなか。でも、ほんとうにお弁当、お
はぎ、かしわ餅、パン、といまの巴屋は市内に9店舗もあり、
メニューも豊富。市内の諸島部には移動販売もしています。

天明堂はもちろん、鳳梨饅頭。パインジャムが絶品。東京にい
た頃、私は、呉のお土産で一番好きなのはコレだったなぁ〜。

さくら亭には和の食材を使ったケーキやロールケーキがたくさ
んあったし、馬場工房でも揚げあんパン以外にも種類豊富なパ
ンをたくさん手作りしていました。

今回の仕事でも、呉の新旧のお店を知ることができました。
食欲の秋。気になる方は本屋さんで、「まんてん文庫」を。

a0065000_2211184.jpga0065000_22115648.jpg
[PR]

by ebanana22 | 2008-09-19 22:12 | Comments(0)

夕日スポット

先週はある仕事で、呉市内の夕日スポットに出向き、
夕日を撮影していました。

やはり、夕日はどこかノスタルジックでどこで見て
も、きれいだな、感動してしまいました。
やはり、自分で足を運んで見たなかでのベストポイ
ントは呉ポーだと思いました。海沿いにはちゃんと
デッキがあったりして、見ることも考慮されていた
し。

空が高い、秋の日。ぜひ、一度はじっくり、高台か
ら夕日を眺めてみてください。たそがれられますよ。


a0065000_227042.jpg
[PR]

by ebanana22 | 2008-09-14 22:07 | 呉のこと | Comments(4)

初取材

第3号の初取材として、”片山コミュニティひろば”
に行ってきました。
この春、開始した、片山小学校跡地を利用した、コミ
ュニティひろば。いろんな講座やイベントがあるので、
気にしていたら、中国新聞にも好評と記事が載ってい
て。前々から、”世田谷ものづくり学校”のような施
設が呉にもあったらいいのにな〜、とも思っていたの
で、「これは行かねば!」と思い、興味津々で足を運
びました。
職員室、図書館、音楽室、体育館、運動場……。
久しぶりにふれた小学校の雰囲気も楽しかったです。

a0065000_21442426.jpga0065000_21454311.jpg
[PR]

by ebanana22 | 2008-09-06 21:45 | 甘茶手帖 | Comments(0)