カテゴリ:呉のこと( 20 )

呉YWCAの会館、2階をご存じですか?


 呉の四つ道路から亀山神社を目指して坂をのぼって行くと
三叉路の右手に木造の「呉YWCA」があります。
 会館はもともとは海軍の倉庫でしたが、1948年からは呉YWCA
の会館として使われています。

 貸し室などもあるので、私たちもイベント等で使わせていただいた
りしていて、最近は足を運ぶことも多いです。

 そこの2階にはいくつか部屋があるのですが、
現在は、呉YWCA女性のための自立支援事業「チャレンジスペース」と
して提供されていて、いま3室、入居者がいらっしゃいます。

「こまもの屋toro*toro」「呉和遊会」「ものづくりのRicorico」の
3ショップです。

「こまもの屋toro*toro」さんは「甘茶手帖」では二度取材させてい
ただいた女性店主のこまもの屋さんです。
「甘茶手帖」も女性二人でつくっているので、この「女性のための自
立支援事業」にもとても共感します。

 呉YWCAのホームページにある「ニュースレター」で3室の方々が
紹介されています。
 気になる方はぜひ、気軽に呉YWCAに足を運んでみてくださいね。

(「ものづくりRicorico」さんは3月にオープンされるみたいです)


⚫️ 呉YWCA (呉市幸町3−1) ーーー ⚫️



[PR]

by ebanana22 | 2016-02-14 20:57 | 呉のこと | Comments(0)

広の人と町並みの写真集「ほとひろ」発売!

広まちづくり推進協議会の方々が企画され、広にある
広島国際大学呉写真部の学生さんが撮影された、
写真集「ほとひろ 長浜編」がいよいよ、3月18日
に発売になります。

私たちは、最後に8ページ付く、テキストで文・イラ
ストを担当させていただきました。私たちが原稿制作
を行ったのは、つい2月末あたりで。この2〜3週間
は2人で、「ああーでもない、こーうでもない」とフ
ァミレスでラフを作ったりして、学生のようで楽しか
ったです。
まあ、イラスト&書き文字だったので、完成原稿をす
べててがけたのはマツさんだったのですが(笑)。

広まちの初めての取り組みで、新鮮な場に参加できた
ことはとても光栄なことでした。

「ほとひろ」出版記念イベントとして、
広市民センター1階市民ギャラリー、
広商店街の広まちづくり推進協議会ギャラリー、
長浜老人集会所、
3個所で、写真集には入りきらなかった、長浜の日常
満載の写真展も行われます。

市民ギャラリー以外では、「ほとひろ」の販売も行わ
れるそうです。
また、「ほとひろ」は通信販売や、広町の取り扱い店で
販売されます。

ぜひ、みなさん、手にとって、あらたな長浜の魅了を感
じてみてください。

<ほとひろ SideStory 写真展>
●広市民センター1階市民ギャラリー
 3月15日(火曜日)〜18日(金曜日)  8:30〜22:00
●広まちづくり推進協議会ギャラリー
 3月19日(土曜日)〜 21日(祝日)    10:00〜17:00
●長浜老人集会所
 3月26日(土曜日)〜 28日(月曜日)    10:00 〜16:00




a0065000_033363.jpg
[PR]

by ebanana22 | 2011-03-10 00:03 | 呉のこと | Comments(0)

長浜散策

少し前までの厳しい寒さがやっと過ぎ去り、今日は暖か
さが感じられる一日でしたね。

そんな中、私たちは3月発行予定の「甘茶手帖Vol11」
の取材を行っています。今年、第一号のテーマは、私
たちにももっとも身近かな「本」です。

そして、それと同時に、現在かかわらせていただいてい
るのが、広まちづくり推進協議会が制作されている「ひ
ろまちフォトブック〜長浜編〜」です。


広、長浜の街並みを広島国際大学の写真部の生徒さんが
撮影され、写真集を作られています。そのなかで、長浜
のお店や人物、街並みを取材して、イラスト&文章を書
かせていただきます。こちらも3月中旬には完成される、
と聞いています。

私たちにとっても、初めての外部の取り組み、と言いま
しょうか。「甘茶手帖」以外での活動になるので、ここ
ろ引き締めて、取り組んでいます。

その取材で、もう2日ほど長浜を歩きました。
実は、近い街なのに、広交差点から少し時間がかかって
しまうからか、幼いころは海水浴場には行ったような記
憶はありますが、これまでじっくり歩いたことがありま
せんでした。
だから、この2日間で、こんなに狭い路地がくねくねと
高台まで続いているんだ、とか、高台にのぼると水平線
まできれいに見えるんだ、と、いろんなことを発見して
います。



a0065000_2357862.jpg















a0065000_08446.jpg
[PR]

by ebanana22 | 2011-02-05 23:57 | 呉のこと | Comments(2)

川尻商店街にあるギャラリー

「甘茶手帖」第7号で、取材させていただいた、川尻で
工房を持ち、ご夫婦で制作をされている岩屋工房さん。
今日は、昨日から始まった、
「岩屋工房展 ーイワヤコウボウ、カタチイロイロー」
に行ってきました。

川尻の商店街のなかにある、「ぎゃらりぃ木楽」は白い
壁に、錦帯橋の古材で作られた個性的なイスやテーブル
が設置されていて、シンプルな岩屋工房さんの作品たち
とうまくマッチしていました。

昨日も商店街に来て、「そのときから気になっていて」
と入ってこられる方や、近くの保育園児たち(岩屋工房
さんが陶芸教室もやられていたりするので)が数組に分
かれて入ってきたりとか、やはり地元での展示会はいい
ものだなぁ、とそばで拝見していて思いました。

でも、岩屋工房さんの話によれば、素敵なギャラリーな
のに、あまり定期的には展示会は行われてはいない、と
か……。

このところギャラリーに縁がある私たちは、「私だった
らギャラリーで……」なんて妄想しながら、川尻駅で下
りの電車がくるあいだ、野呂山をながめていました。


『岩屋工房展 ーイワヤコウボウ、カタチイロイロー』
  2月23日(火曜日)〜28日(日曜日)
           am10:00〜pm5:00

   ぎゃらぃ木楽 呉市川尻町西2−3−41

a0065000_2148716.jpg
[PR]

by ebanana22 | 2010-02-24 21:48 | 呉のこと | Comments(0)

広商店街にギャラリーができるよ

「甘茶手帖」Vol.9、先週は取材ウィークで、記事
づくりも着々と進んでいます。

昨日は、取材もかねて、広まちづくり推進協議会の
方々が広商店街のなかの空き店舗を改装して、ギャ
ラリーをつくっている現場にペンキ塗りに行ってき
ました。

昨日の中国新聞にも載っていたので、ご存知の方も
多いか、と思いますが…。
広商店街のなかの空き店舗、約10年前に廃業した
毛糸店を改装して、3月にギャラリーとしてオープ
ンされる予定です。

記事に載っていた土曜日に、ギャラリーの壁のペン
キ塗りは終わっていたので、私たちは毛糸店で陳列
に使っていた棚を、再利用し展示用にした棚のペン
キ塗りをしました。

棚の中を塗るのは、結構細かな作業で、いつのまに
か袖口にペンキがつきまくる始末。それでも、木目
から白い棚に変わるとまた、またギャラリーの雰囲
気も変わって、少しだけ職人の気分でした。

また、毛糸店の流しにはタイルがかわいく敷き詰め
られていたり、玄関先には古い毛糸雑誌がつまれて
いたりなど。古い物件を探索したりしながらの楽し
い作業でした。

まちの拠点、ギャラリーの誕生に、ちょっとひと塗
りしただけなのに、もう今からワクワクしています。

関連ブログ
マーブルクラブ会長こなきさんのブログ
くれシェンドのブログ



a0065000_10454025.jpg

a0065000_10461777.jpg
[PR]

by ebanana22 | 2010-02-22 10:53 | 呉のこと | Comments(2)

駅上の古書即売展

「甘茶手帖」Vol.9が、ぼちぼち始まりました。
最初に描いたラフどおりに、いきますよ〜に!
とお願いしたところで。

年末から紹介しよう、しようと思いながら、忘れて
いたご紹介を、ここでひとつ…。

昨年末から、JR呉駅ビル「クレスト」3階、ブックス
テーション内の一角で、熊野の古書店・神鳥書店さんが、
即売会をされています。

当初は年内という予定だったみたいですが、好評で、
現在もまだ続いているみたいです。

今日も呉駅周辺に買い物にでかけたので、のぞいて
みたのですが、今日は「暮しの手帖」がたくさんあ
りました。

そして、私が購入したのは、300円圴一にあった、
「美の巡礼」岡部伊都子著(新潮社)
「どくろ杯」金子光晴著(中央公論)
です。

先日、NHKで岡部伊都子さんの番組を見て、気にな
っていたし、金子さんは、岡崎武志さんの「あなた
より貧乏な人」で、“貧乏でも死ぬまでモテモテの
詩人”と紹介していたので。
あと、山之口獏の詩集も、そういえばあったな。
郷土史もたくさんありました。

呉には古書がないので、古書好きの心をくすぐって
くれます。ぜひ、お時間のあるときにどうぞ!



a0065000_19553673.jpga0065000_1955546.jpg
[PR]

by ebanana22 | 2010-02-04 19:56 | 呉のこと | Comments(0)

野呂山商店さん、ふたたび

昨日は別の取材に加わって、私は完全にお店訪問だけ
で、夏に紹介した、川尻の駄菓子屋、「野呂山商店」
さんに行ってきました。ここは、今号で岩屋工房さん
を取材したときに、教えてもらったお店です。

ゆっくりお話をお伺いすると、昨年の夏まで、銭湯は
やっていて、それから数カ月後、今年の6月に駄菓子
屋さんとしてオープンしたので。今でも、近所のおば
あちゃんが銭湯と間違えて、こられたりもする、なん
て、ほほえましいエピソードもありました。

なので、外観とかもそのまんまです。
「野呂山商店」の店主さんは左官屋さんで、尾道の再
生プロジェクトにも参加されていて、尾道や呉近郊で、
左官職人をされているそうです。

先日、尾道の空き家、再生物件をいろいろ見てきたば
かりだったので、「野呂山商店」さんでも、床とか天
井とかを、しらぬまにいろいろじっくりと見ていました。

でも、やはりメインは駄菓子です。駄菓子は夏よりも
充実していて、尾道のチャイダーもありました。チャ
イダーは思っていたより小さい瓶で、かわいかったで
す。時間がなくて飲めなかったんですけど…。

もちろん、帰る前には、手いっぱい、駄菓子を買って
帰りました。


あ、ちゃっかり「甘茶手帖」も置いていただきました。

『野呂山商店』
営業時間 昼1時〜夕方6時ころ
定休日  第2日曜日、毎週月曜日
呉市川尻町西2丁目4−47





a0065000_23114894.jpga0065000_23123477.jpg
a0065000_23133587.jpg
a0065000_23142111.jpga0065000_23144371.jpg
a0065000_23205412.jpg
a0065000_23214055.jpg
[PR]

by ebanana22 | 2009-10-23 23:21 | 呉のこと | Comments(2)

1月の散文散歩

そろそろ、ぼちぼち次号に向けて動き始めました。

で、今日は、そのネタ探しに熊野町の古本屋さんに行こう!
と意気込んでいたのに、HPを見たら定休日でした。

なので、とりあえず街中を散策してみよう!ということで、
海岸通り、三条通りをふらついてきました。

一度、バスのなかから海岸通りでステキな店構えをチラっと
見つけたので、”もしかしてカフェ!? レストラン!?”
食べるところかな、と思って確認しに行ったら美容院でした。

それで海岸通りを散策。
「呉一の湯」や「大正湯跡」。三条通りのほうまで行くと、
「大國湯」や「桃湯」まであった。銭湯、多し。
初めて行った海岸通りの商店街にはレトロなおもちゃ屋「多
賀彦商店」もあったし、「橋津塗料」のレンガの倉庫も発見!
レンガの倉庫は昭和10年頃に石油貯蔵庫として建設されたも
のらしい。現在も塗料倉庫としてちゃんと使われていました。

それで一番驚いたのは、海岸通りから三条通リに曲がったところ
にあった「城山」の鳥居と石段。そこから続く坂道を登っていく
と大歳神社、一段下の広場には「金比羅山公園」という名の公園
がありました。
こんな高台に公園があるなんて〜、呉らしい。
呉港や三条通りの陸橋、JR呉線の電車や近くの家家も眼下(近く
のマンションと公園の木が同じ高さって)。
どこまでも急傾斜地。面白いですね。呉の地形って。


a0065000_22102212.jpga0065000_2211162.jpga0065000_22113154.jpga0065000_2212151.jpg
a0065000_22165248.jpga0065000_22172413.jpg
a0065000_22223738.jpga0065000_2223764.jpga0065000_22235884.jpg
[PR]

by ebanana22 | 2009-01-15 22:11 | 呉のこと | Comments(0)

念願の蔵ギャラリー

一日中、ヘンな天気の今日は、前々から行こう、と
決めていたところがあった。

行く場所、距離としては自転車がベストなんだけど、
ずっと曇り空。ちょっと迷ったけど、ええ〜い、と
自転車でGO!

広の大川沿いにある、蔵ギャラリー&喫茶 鶏肋堂。
目的は今日から、11月5日(火曜日)まで開催され
ている『呉が創ったアートたち展』。
ここでは、「鶏肋堂 陶三人展」(諏訪恵・丸本雅明・
岩屋工房)と題して、陶芸家、三人さんの作品が本当
の蔵のような、ギャラリーのなかに展示されていた。

でも、本当の目的は、この蔵ギャラリー。
蔵ギャラリーの存在は数年前から知っていたんだけど、
場所がいまいちわからず、行ったことがなかった。だ
けど、自転車でぐるぐる回ってやっと探しあてて、外
観を見たときには、なかを拝見したい、と強く思った。

もちろん、取材をしたい!と思い、お願いしたけど、
叶いませんでした。
なので、今日は初めての蔵ギャラリーのなか。

喫茶の部分がこれまた別棟で、なんとも趣きのあるギ
ャラリーでした。


a0065000_15561635.jpg

a0065000_15564980.jpg

『呉が創ったアートたち展』 
〜鶏肋堂 陶三人展〜
10月31日(金曜日)〜11月5日(水曜日)
AM11:00〜PM4:00
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
呉市広古新開8−13−10
tel (0823)73(9565)
[PR]

by ebanana22 | 2008-10-31 15:56 | 呉のこと | Comments(0)

甘茶手帖 Vol.3 設置

だらだらとしてしまいましたが、本日、呉市すこやか
子育て支援センター(レクレビル4階)にお届けし、
これでやっと、すべて設置となりました。

呉の秋色を少しでも感じていただけたらうれしいです。

で、今日、レクレビルに伺ったのが、ちょうど午後1時
頃。4階には整形外科と併設のスポーツ施設があって、
その横は縦長く通路になっていて、テーブル&イスが置
いてあるんだけど、そこには2、3組、お弁当を広げて
いる小さなお子さんを連れたママさんたちがいました。

子育て支援センターに近いということもあるんだろうけ
ど、「ああ、こういうところでお昼をとるのも楽しそう」
と思いました。いま、子どもとでかける遊び場の取材を
しているからか、そういうところに目がいってしまいま
した。ママさんたちのひと工夫ですね。なるほど。
[PR]

by ebanana22 | 2008-10-20 19:48 | 呉のこと | Comments(4)